スピーチのトレーニング法 声の出し方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 01月 19日

スピーチのトレーニング法 声の出し方

人前で話す機会は、あなた自身をプレゼンテーションする場でもあります。
目的が商談成立、商品やサービスの購入であり
チームで協力してプレゼンテーション資料を準備しても
最終走者のプレゼンターが影響力を与える話し方でなければ
成功には結びつきません。

0080
そこでプレゼンテーション成功のスピーチスキルで
ダイレクトに心を揺さぶる効果としてあげらてるのが
声の持つ力です。心に届く声で話すのは、
プレゼンテーションの基本です。
声は、人を突き動かす原動力となります。

営業、販売、、接遇など1対1のシーンにおいても
ビジネスツールとして使える武器となるのです。
しかも、一度身につければ一生モノのスキルです。
人は、それぞれベストボイスというものを持っていて
どなたでも身体の使い方をマスターすれば
人前で影響力を与える話し方がです。

<影響力を与えるスピーチ身体の使い方>
①身体と気持ちを整える
身体と気持ちをリラックスして正しい姿勢で立ちます。

②腹式呼吸を使う
あなたのベストな声で話すことが出来ます。
好印象、影響力を与えるばかりでなく
声の透りが良くなり何時間話しても喉を痛めません。

③表情筋の使い方
明るい響きをキープしながら明瞭な発音で話すには表情筋を大きく動かします。
声と気持ちと身体はリンクしています。声や表情を変えることで、気持ちにも
変化をもたらし、熱意が伝わるメッセージを相手に伝えることが出来るようになります。

このような理由から、人前で緊張しても笑顔でベストボイスで話すトレーニングを
効果的に行うことで、プレゼン、セミナー本番でも
120%の実力を発揮することができます。
ぜひあなたも手に入れてください。

プロが指導するWACHIKAプレゼンテーショントレーニング詳細はこちら

人前&初対面に強くなる話し方7つの法則入門セミナー
次回開催1/24(金)先着順お申込み受付中

◆対話力が高まるプレゼンテーション研修のご依頼はこちら
お問い合わせ

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ登録は下記から
メールマガジン登録


関連記事


コメントを残す