プレゼンで惹きつける話し方 構成法その1 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2013年 11月 06日

プレゼンで惹きつける話し方 構成法その1

プレゼンやセミナーなどは、準備で8割は成功かどうかが決まると言われています。

その中でも構成は特に重要です。
本日は、どのようにプレゼンやセミナーで、人に興味をもたれるストーリーを作っていくのかを
ご紹介します。

例えば、映画。スターが出演、宣伝もインパクトがあったのに、
実際観てみたらストーリーが強引、共感出来ない、突っ込みどころ満載だと
「良かった」という感想とは程遠いものになりますよね。

映画は脚本が良くないといけませんね。
これと同じように、プレゼン、セミナーも、共感してもらえるストーリーを
作れるかが鍵になります。

そこでまず、最初に行っていただきたいのが

①聴衆分析

聴き手の職業、年齢、年齢、立場、興味、関心事、理解力などの情報を
可能であれば事前に入手しておきましょう。

そして、聴き手が興味、関心を示す切り口を考えます。

例えば、話し方でも
ビジネスマン向けならプレゼン、営業
管理職向けなら部下のモチベーションアップ、メンタルヘルス
販売向けなら、接遇、会話
ママ向けなら、家族とのコミュニケーション、ヘルス&ビューティー

と同じ「話し方」でも切り口が変わってきます。

次回に続きます。


関連記事


コメントを残す