伝わらない話し方の改善法 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 04月 03日

伝わらない話し方の改善法

伝わらない原因は「ふつう」という考え方によるもの。
話し手と聞き手は、全く違う条件の人間です。
あなたの「ふつう」は相手にとって「ふつう」ではない。
同じ言葉でも、共通の意味で使用しているとは限らないんです。
これを前提に話を進めていかなければ理解、納得は得られません。

例えば「白いもの」「まるいもの」を想像してみてください。
きっと、それぞれ違うものを想像するのではないでしょうか?

3202f70c74a63eb64dccc43bf50950ac_s

ですから「どうしてわかってくれないんだろう」と悩むのは、無意味なこと。
わからなくて当然だというところから「伝えること」をスタートしてください。
これはお客様、職場はもちろん、学校、家庭でも同じことです。

わかりやすく伝えるためには方法があります。

1.相手の理解度を確認する
難しい言葉は、相手がピンとくる言葉に置き換えます。

2.重要なことは、何度でも繰り返して伝える
一度聴いても、すぐに忘れるのが人間です。
絶対、行ってほしい、止めて欲しい、という事柄は
回数を多くまたは、記憶に残るようインパクトを与える方法を使います。

3.論理的に組み立てる
感情的、思いつきで話しても、相手には全く伝わりません。
相手の思考の順番に沿って話す順番を組み立ててください。
これは、聴き手に対する配慮でもあります。

いかがでしょうか?
伝わらない原因はおひとりおひとり違います。
WACHIKAでは話し方カウンセリングで、あなたの伝わらない原因を診断し
改善に導くフィードバックを行っています。
「正しく伝える」スキル向上は、信頼度を高めることにもつながります。
ぜひ「話す力」でビジネス力アップを図ってください!

kigyou

kojin
◆選ばれるプレゼンテーション研修・話し方マナー研修
お問い合わせ

◆セミナー・プレゼンで活かす心に響く話し方の法則メルマガ
メールマガジン登録

 


関連記事


コメントを残す