ファーストコンタクトを決定づける話し方 | 話し方教室 渋谷 元NHKキャスターが教えるビジネスパーソン・経営者のプレゼンテーション研修 WACHIKA

話す力で未来の扉を拓く WACHIKA

MENU

阿隅和美オフィシャルブログ本当に伝わる「話し方クオリティ」

2014年 03月 28日

ファーストコンタクトを決定づける話し方

たまたま、仕事が立て込んでいて、ついコンディションが…
あなたに気持ちの余裕がないと、お客様に対する配慮が出来ない…
そんな時、お客様があなたに対してどんな感情を持つでしょうか?
普段は出来ていても、だった1回の印象が悪いばかりに
最悪、クレームにつながることも。

ただ、対応の印象が悪くても客様は、別のお断りの理由を言ってくる場合が多いので
潜在化してしまう傾向が多いとも言われています。
成約、リピーターにつながるプレゼンテーション、サービスレベルの向上には
ファーストコンタクトが非常に重要です。
人は感情の動物と言われています。最初の印象で、あなたから購入しようか、
信用できなそう、など先入観をもってあなたの話を聴いています。

ファーストインプレッションをアップするためには
見た目、話し方が重要というのはご存知だと思いますが
自分でやっています。というレベルでは足りません。
相手がどう見ているか、感じているかをしっかり確認してください。
第三者、ぜひプロの指導を受けることをおすすめします。

0108

「笑顔」「話し方」については相手、状況にあわせれ3段階活用法を
身につけておくといいでしょう。

①柔和な表情と話し方
笑顔ではあるのですが口角をあげて、歯はあまり見せない。
傾聴時、カウンセリング時、会議など。
話し方は、良く透る声で分かりやすくは基本。しかし、ボイストーンはあくまで相手にあわせる。

②にこやかな表情と話し方
接客、プレゼンテーションの最中など、継続して対話を行っている場合。
口角と、頬の筋肉を上げて。上の前歯が見える。口は縦に開くと、快活な印象の話し方になります。

③アピール笑顔と影響を与える話し方
面接、1対多のプレゼンテーション、セミナーや会議のシーンのはじめのあいさつ。
口角、頬、目を大きく開く。声はベストボイスを腹式呼吸を使って出す。
ファーストコンタクトを決定づけるのは、このレベルが習慣化している場合です。
このレベルが出来れば、あとは、少しずつ調節をしていけばいいので、
ぜひここを目指してください。

企業研修をお考えのお客様

プレゼン・講師スキル向上をお考えのお客様

 

 

 


関連記事


コメントを残す